ホワイトニングブラン«WHITENING BLANC»は著名人も通う歯のホワイトニングサロンです。痛みがなく、短期間で年齢、性別にとらわれず効果を実感できます。

Dounyuヘアサロンやエステに歯の業務用セルフホワイトニングLED導入

話題のホワイトニングで空きスペースを有効活用しませんか?

WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)が人気となった9つの理由

現在、ヘアサロン・エステサロンなどでの導入数が上昇を見せていaる歯の「セルフホワイトニングLED機器」。
特に99%という高い満足度を得ている「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」については、個人店舗オーナーの中にも導入を検討する人が増えています。
なぜ今、「セルフホワイトニングLED機器」に注目が集まっているのでしょうか?
ここではそのポイントを9つにまとめて紹介していきます。

お問い合わせはこちら

1.「歯のホワイトニング」への注目度は年々上昇

美の感覚について「歯」を重視する欧米では、ホワイトニングの歴史は30年以上前から培われてきました。
例えばアメリカの場合、歯科医でのホワイトニングや自宅でのセルフホワイトニング等、何らかのホワイトニングサービスを利用したことがある人の率は実に95%に達することがわかっています。

この「歯の美白」についての考えは1990年頃から徐々に日本にも浸透し始め、2000年代に入ってからは「美しく白い歯」を謳う高級系歯磨き粉の売上が増大するなど、「美しい白い歯」に対する意識が上がってきています。

しかし紅茶・コーヒー等のタンニン、タバコ等による歯の黄色い着色は、歯磨き粉・歯ブラシ等でのデイリーケアでは落としきることができません。

そのため、より本格的な「ホワイトニング」を望む人の数が増えているのです。
2013年に行われた意識調査によれば、「ホワイトニングをしてみたい」「ホワイトニングに興味がある」と回答した人の率は、全体の75%以上。
4人のうち3人は「歯をもっと白く、美しくしたい」と考えていることになります。

お問い合わせはこちら

2.従来のホワイトニングへの常識が変わった?

これだけ多くの人が「ホワイトニング」に興味があるにも関わらず、「実際に歯科医院等でホワイトニングを受けたことがある」という人の数は僅か。
その理由にはいくつかの「従来のホワイトニング」への問題点が挙げられます。

・虫歯ではない歯を削るのに抵抗感がある
従来のホワイトニングでは、研磨剤による「磨き」の作業が含まれることがほとんど。
「歯にダメージが加わるのでは」「問題が無い歯を削るなんて」という抵抗感を持つ人が多くいます。

・しみる・痛みがある
歯科での溶剤塗布によるホワイトニングについては「しみる」「知覚過敏のような状態になる」という声も多数。
「一度ホワイトニングを試したけれど、痛いからもうリピートしない」と考えてしまった人も少なくありません。

・施術に時間がかかる、予約が取りにくい
従来のホワイトニングの施術時間は平均50分~1時間程度。
平日の通勤後等に通うにはやや時間が長く、「気軽に受けられない」面がありました。
また「クリニック等は診療患者も多く予約がなかなか取れないし、続けられない」という人も居るようです。

・料金が高い
歯科クリニックでのホワイトニングについては保険適用外となるため、料金は利用者の全額負担となります。
定期的に続けるには難しい価格設定であることが、ホワイトニングの大きなハードルとなっていたと言えるでしょう。

このような「ホワイトニング希望者」達のネックとなっていた問題点を解消したのが、個人サロンでも導入が可能なセルフホワイトニング機器『WHITENING BLANC(ホワイトニング・ブラン)』の存在です。

お問い合わせはこちら

3.しみない、時間も短い「新しいホワイトニング」

セルフホワイトニングLED機器『WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)』は、従来のホワイトニングで最も問題となっていた「痛み」と「時間」に着目。

研磨をせずにオリジナルの溶剤とLED照射を使ってステイン(歯の着色)を溶解させるスタイルを採用し、歯のエナメル層や歯茎にダメージを与えることなく白い歯へと導くことに成功しています。
また従来の溶剤のような「歯にしみる・痛みがある」というような刺激を伴う心配がありません。

「痛みを我慢しながら歯を白くする」のではなく、ヘアサロンやネイルサロンで髪や爪を整えるような「気軽な気分」でホワイトニングができるようになったのです。

また、施術時間も大幅に短縮。
LED照射に必要とされる時間は平均15分程度にまで抑えられています。
照射前後の作業を含めても、全工程を20分程度で終了させられるのです。

歯の状態を白く美しくキープするには「定期的なホワイトニング・ケア」が重要であると以前から言われてきました。
1回の来店時間が20分程度であれば、誰もが会社帰りや空き時間などに気軽にリピートケアを行うことができます。

さらにセラミック等の義歯のホワイトニングにも対応。
「痛くなく、早く、義歯にもOK」–誰もが理想とするホワイトニングの形が2010年代に入ってようやく誕生したと言えるでしょう。

お問い合わせはこちら

4.安心の「オーガニック・ホワイトニング」

『WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)』が「痛くない・施術時間が短い」という画期的なセルフホワイトニングを可能とした大きな理由のひとつが、独自に開発した歯専門の美白溶液『ブランジェル』の存在です。

従来のホワイトニングでは、歯科クリニック等でのフィスホワイトニングの場合には過酸化水素、ホームホワイトニングの場合には尿素などを主成分とすることがほとんどでした。
いずれにしても工業的に精製された人工化合物を用いてきたわけです。

これに対し、WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」の「ブランジェル」では、天然の成分である「真珠」そして「珊瑚」のカルシウムが用いられています。

真珠や珊瑚の歯へのホワイトニング効果は実は古くから着目されており、例えば17世紀後半頃にはヨーロッパの王侯貴族や富豪達が真珠粉・珊瑚粉を入れたものを歯磨き粉として使用してきました。

現在でも「真珠・珊瑚」はホワイトニングにおける貴重な成分なのですが、環境問題等で入手量が限られている上に、主成分である炭酸カルシウムが非常に抽出しにくいという難点も持っていたのです。

しかし、『ブランジェル』珊瑚・真珠パウダーが持つ天然の炭酸カルシウムを高濃度のジェルとして抽出することに成功。
微粒子化されたこの天然カルシウム成分は、歯に付着することによって炭酸イオン(CO3 2+)・カルシウムイオン(Ca2+)と分離します。
プラスの電気を帯びたカルシウムイオンによる熱遷移を使い、歯に染み込んでしまっている成分を融解させるのです。

オーガニック成分だからこそ可能な安心感と高いクオリティが、多くの人から注目を浴びる理由となっています。

お問い合わせはこちら

5.ホワイトニングは「サロンや店舗で気軽にできる」LEDブース導入時代へ

従来のホワイトニングは歯科医師等の専門資格を持った人のみしか行うことができず、そのため「ホワイトニング」というサービスを提供できるのはごく限られた歯科医院・オーラルクリニックのみと限定されてきました。

しかし「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」はセルフホワイトニングという新しい提供スタイルを採用。
歯科医師免許などの専門資格を有する必要なく、ホワイトニングLED機器を導入することを可能としています。

例えばヘアサロンやエステサロンと言ったビューティー系サロンなどでも、「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)のLED機器」を導入する店舗が増えてきました。

照射にかかる時間が短いため、「髪をトリートメントするついでに」「フェイスマッサージの後に」など、今までのサービスを受ける「ついで」という形でホワイトニングを受ける人も多い様子。
今までとは違う「サロン・店舗での気軽なホワイトニング」というスタイルが「手軽に歯を白くしたい」という人たちから支持されています。

お問い合わせはこちら

6.カンタン4ステップで白い歯に

「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」による歯のホワイトニング工程はとてもシンプルです。

1)歯の色をチェック

自分の歯の色をシェードガイドと比べながらチェックし、ケア後の比較対象とします。
ブランポリッシャーで歯の外側の余計な成分を除去します。

2)ブランジェルを塗る

保護用のリップを塗布してから、マウスオープナーを口につけます。
表面の水分を取り、「ブランジェル」を塗布。
さっぱりとしたミントテイストなので、歯につけている間も不快感がありません。

3)LED照射を行う(約15分)

LEDライトを歯にあてて、着色汚れ(ステイン)を浮かせやすくします。
LEDライトからは紫外線照射の恐れが無いため、顔表面の皮膚が日焼けなどのトラブルを起こす心配はありません。

4)仕上げ

浮いた汚れとジェルをポリッシャーで除去し、コーティング液ブランリンスで口をゆすぎます。コーティング液で歯をカバーすることで再着色を防ぐほか、歯茎を引き締め口臭を防ぐ効果も持っています。

簡単なカウンセリングを受ければ、誰でもすぐにセルフホワイトニングケアを行うことが可能です。
また全工程でも平均20分程度で「前よりも白い状態」へと自分の歯を導くことができます。

お問い合わせはこちら

7.制限の無さから「定期リピーター」続出

従来のホワイトニングでは、ケア後の行動には様々な制限が設けられてきました。
特に研磨を施された歯は再着色をする可能性が高いため、着色系の飲料・食料の摂取、および喫煙がケア後何日間かは禁止されることが多かったのです。

とは言え、着色系の飲料・食料といえば、コーヒー・紅茶等のカフェインが含まれる飲料、赤ワイン等のポリフェノール系飲料、カレー等のスパイス系食料とその種類は様々。
それら全てを禁じられることが「不便だ」と感じ、ホワイトニングを定期的に行うことが難しいと考える人が少なくありませんでした。

しかし「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」の場合、ケア後には特に制限が設けられていません。
ケアをしたその日にも好きに外食等の予定が入れられるため、「これなら定期ケアができる!」と考える人が増えたのです。

「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」は、ケアを定期的に繰り返すことでより白く輝く歯へと近づけ、美しい状態に保つことができます。

リピート間隔は1ヶ月~2ヶ月に一度程度が理想的ですが、ケア時間が短く行動制限も無いため「気軽にリピートできる」という人がほとんどです。

お問い合わせはこちら

8.省スペース設計が「+αサービス」としてのホワイトニングを可能に

オーラルケアを専門としているクリニックやサロンは別として、既にヘアサロン・ネイルサロン等なんらかの業務を行っている店舗では「機器を置く場所」が問題となり、新規サービスの導入に踏み切れなかったケースが少なくありません。

例えば高性能のマッサージチェアを導入する場合、機器の大きさだけでも2メートルを超える上に、重量も70キロ~80キロ前後はあり、稼働をするわけにいきませんから、設置場所を新たに作らなければならないわけです。

その点「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」では、LED機器の省スペース設計が行われています。
高さは1.4メートル程度、幅は僅か0.63メートル。
店舗にモダンなフロアライトを一つ置く程度の感覚で設置できるのです。

また重量が18.5キロと軽量である上に稼働対応式であり、好きな場所への移動も可能。
施術をするコーナーも1.5メートル幅程度があれば十分となっています。

そのため個人経営ヘアサロンなどの小型店舗・メイクケアショップのワンコーナー・エステサロンの個室等、スペースの無い場所への導入も簡単です。

今までの業務形態を圧迫することなく、お客様への「+α」の商品としてホワイトニングというサービスを提供することが可能となりました。

お問い合わせはこちら

9.「LED機器代金0円」の低価格設定が個人サロンオーナーから注目

「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」を多くの個人サロンオーナーが導入している理由のひとつが、その「低価格設定」であると言えるでしょう。
ケアに必要な開業用スタートパック、機器使用のための研修、機器の保証などが含まれた「パックプラン」を契約した場合、なんと機器代金は「0円」。

また月額型のLED機器レンタルサービスも用意されており、気軽に新しいサービスの提供をスタートできます。

機器代金が抑えられている分、ホワイトニングサービスの料金を低価格化し、顧客満足度を上げることも可能です。
ケア時間が短いので、顧客の回転数を上げて利益を生むことも難しくありません。

・元々の事業形態の「宣伝」という形で低料金ホワイトニングサービスを提供し、サロン・店舗の新規顧客を開拓
・常連客・VIP客へのサービスという形でホワイトニングを提供し、顧客満足度をアップ
・「歯の白さ」を含めた総合的な美のプロデュースを行う

現在、様々な店舗やサロンが自社業務形態のサービスの向上化を狙い、「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」を導入して上記のようなサービス展開を始めているのです。

「WHITENING BLANC(ホワイトニングブラン)」の魅力は既に人気ファッション雑誌などにも取り上げられ、美へのアンテナが鋭い人たちから注目を集めています。
歯のセルフホワイトニングという新しいサービスの導入に踏み切るか否かが、今後のビューティー系店舗・サロンの展開に大きな影響を与えることは確実と言えそうです。

契約プラン

初期費用:198,000円
施術研修/ディプロマ発行/マシン1年保証/開業スタートパックが含まれます。

月額費用:19,800円
2年(24ヶ月)以内解約の場合、残余月x19,800円の契約解除料がかかります。

機器代金:0円
スタートパックには80名様分のホワイトニングキットが含まれています。

ホワイトニングLED機器レンタルプランに関するお問い合わせ

お問い合わせは、以下のフォームに必要事項を記載して、「送信」ボタンを押してください。
*は入力必須項目です。

店舗名
担当者名 *
電話番号 *
メールアドレス *
備考欄